アスレティックトレーナー(AT)は、クライアントであるアスリートが、スポーツ競技に全力で取り組めるところまでを目指します。アスリートでない普通の生活を送るクライアントであっても、運動やスポーツを楽しめるところまで体を回復させたい。そんな思いで、日々群馬県で鍼・マッサージ治療とアスレティックトレーナー活動をしています。
そんなアスレティックトレーナーが、身体のしくみや治療法についてなど日々のお仕事にまつわるお話を綴ります。
<< コア&体幹トレー二ングの基本エクササイズ 3 | main | ぐんま消防団応援の店」への登録申請をしました >>
腹横筋、内・外腹斜筋の筋厚の変化をエコーで観察

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 

2月16日(木)に、祖師ヶ谷大蔵の「針灸指圧自然(じねん)堂」で、

中倉健院長と毎月恒例のエコー勉強会を行ないました。

 

毎回、どこの部位(筋)を観るかを話し合って進めるのですが、この時は私が

「Draw-inによる腹横筋及び内・外腹斜筋の筋厚変化」という論文(※1)をダウンロードして

読んでいたので、私自身の腹部で観察することにしました。

 

エコー画像の撮影、は論文に従い、

右腸骨両直上で、前腋窩線状における横断面としましたが、

細かい位置関係が論文では読み取れなかったので、

多少論文とは違いがあるかと思います。

 

3枚の静止画は、どれも右が正中線側で、左が外側(体側側)となっています。

画面の上が腹部体表(皮膚)で、筋肉は上にあるものから順に

外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋です。

左端にある目盛りと数字は、体表面から距離(cm)を表しています。

1目盛りが1cmで、一番深くに見える数字の4は、4cmを表しています。

 

臍の下50mmの水平線上で腹直筋の右外側 画像1
画像1は、安静時(筋収縮するような運動を行っていない時)の画像です。
それぞれの筋肉が収縮していない時の厚さがわかります。

 

 

腹部をドローインせずにトランクカールをした時の画像 画像2

仰向けに寝た状態から、腹部をドローインしないでトランクカールした時の画像です。

画像1と画像2を比較すると、

トランクカールした時の画像2は、外腹斜筋の収縮が見られ筋厚が厚くなっています。

内腹斜筋も少し収縮していますが、腹直筋の収縮はほとんど起きていません。

 

腹部をドローインしただけの時の画像 画像3

仰向けに寝た状態から、腹部をドローインだけをした時の画像です。

ドローインのみを行った画像3では、外腹斜筋の収縮はほとんど見られず、
内腹斜筋と腹横筋、特に腹横筋の筋厚が大きくなり、
その収縮が大きいことがわかります。
これは、ドローインが腹横筋の収縮によって行われていることの証拠でもあるでしょう。

 

最後に、ドローインした時の内腹斜筋と腹横筋の収縮を確認できる動画を貼っておきます。

画像2は静止画でしたが、同じ時に撮った動画です。

 

※1「Draw-inによる腹横筋及び内・外腹斜筋の筋厚変化」

   吉田昌弘(北翔大学生涯スポーツ学部スポーツ教育科)

   吉田真(同上)

   盛智子(札幌円山整形外科病院リハビリテーション科)

  北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要第2号 2011年3月

 

| フィジカル系職人 | コア&体幹エクササイズ/姿勢指導 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:58 | - | - | pookmark |









http://body-i.jugem.jp/trackback/135
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ