アスレティックトレーナー(AT)は、クライアントであるアスリートが、スポーツ競技に全力で取り組めるところまでを目指します。アスリートでない普通の生活を送るクライアントであっても、運動やスポーツを楽しめるところまで体を回復させたい。そんな思いで、日々群馬県で鍼・マッサージ治療とアスレティックトレーナー活動をしています。
そんなアスレティックトレーナーが、身体のしくみや治療法についてなど日々のお仕事にまつわるお話を綴ります。
<< 体幹エクササイズに取り組むNさん 6 | main | 体幹エクササイズの基本的な考え方 1 >>
体幹エクササイズに取り組むNさん 7
JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

Nさんの体幹エクササイズ、9月からはこんなのも始めました。
体側を下にした所謂ラテラルポジションで、骨盤をマットに付けたままで行なうエクササイズ
です。





下になった方の脚の内転筋を使って、少し脚を上に挙げては降ろします。ゆっくりと動かすよ
うに注意してもらいます。
姿勢が大切ですし、足を上げる方向も大切です。
足を高く上げれば良いというものではなく、骨盤(上半身)を動かさない様に意識して行ない
ます。

始めてから4週間くらい経った9月末の動画です。
右下の姿勢ではやりづらいということでした。


そこで、姿勢を改善した(頭から左足(踵付近)が一直線に伸びるように、胸はしっかりと張
る)ところ、より体幹(内・外斜角筋等)の筋を感じられるようになったそうですが、目的と
する動きに近付きました。

| フィジカル系職人 | コア&体幹エクササイズ/姿勢指導 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:12 | - | - | pookmark |









http://body-i.jugem.jp/trackback/125
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ