アスレティックトレーナー(AT)は、クライアントであるアスリートが、スポーツ競技に全力で取り組めるところまでを目指します。アスリートでない普通の生活を送るクライアントであっても、運動やスポーツを楽しめるところまで体を回復させたい。そんな思いで、日々群馬県で鍼・マッサージ治療とアスレティックトレーナー活動をしています。
そんなアスレティックトレーナーが、身体のしくみや治療法についてなど日々のお仕事にまつわるお話を綴ります。
<< 90歳伯母のむくんだ足をマッサージ | main | 体幹エクササイズに取り組むNさん 5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
90歳伯母のむくんだ足をマッサージ 2

  JUGEMテーマ:はりきゅうマッサージ

引き続き、90歳になる伯母の足のマッサージのお話。

前回、マッサージによる伯母の足の浮腫の改善が、1週間後も持続していたと
いう話を書いきました。そして、その後のマッサージによって、さらに浮腫が
小さくなった様子を写真で紹介しました。
実は、その翌日叔父夫婦(伯母の実弟夫妻)の合同3回忌で伯母と会っていま
す。法要後の会食の際、伯母の足を確認したが、浮腫は小さいままでした。

そして、伯母が病院で診察を受ける都合から、次のマッサージまで2週間空き
ました。少し浮腫が戻っていました。
   

マッサージを始めてみると、腰〜骨盤部〜大腿〜下腿と、筋肉はそれほど硬く
なっていませんでした。少し右側の骨盤部(股関節周囲)〜大腿が左側よりも
硬くなってました。足の浮腫も、右足の方が強い感じです。

浮腫の強い足へのマッサージを残して、足首よりも上までのマッサージを終え
た時点での足の写真です。
   

撮っている角度が違うので何とも言いにくいですが、むくんでいるところを直
接マッサージしなくても、少し改善しています。わかりにくいですかね?

そして、マッサージ完了後の足の写真です。左足だけなのは、寒いくらいの日
だったので、伯母がそそくさと靴下をはいたので、右足の方は撮影できません
でした。90歳なので、無理強いはできません。
 
少し足首を曲げ(背屈)ようと力が入っているので、これも厳密には比べにく
いのですが、浮腫がずっと小さくなったのがわかるでしょうか?
ちなみに、撮影できなかった右足の方が左足よりも浮腫が残っていました。
| フィジカル系職人 | 治療室日記 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:03 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ