アスレティックトレーナー(AT)は、クライアントであるアスリートが、スポーツ競技に全力で取り組めるところまでを目指します。アスリートでない普通の生活を送るクライアントであっても、運動やスポーツを楽しめるところまで体を回復させたい。そんな思いで、日々群馬県で鍼・マッサージ治療とアスレティックトレーナー活動をしています。
そんなアスレティックトレーナーが、身体のしくみや治療法についてなど日々のお仕事にまつわるお話を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
子どもの運動遊びの指導体験2 小学校PTA「親子運動教室」(続き)
2010年9月、高崎市某小学校2年生のPTA行事「親子運動教室」
具体的な内容。

1.真似っこ
 1−1.全員で

  ストレッチング:伸びる、しゃがむ、折り曲げる、開く
  体操:ステップ、ツイスト、欽ちゃん走り、
 1−2.親子で真似っこ
 
2−1.親子で力を合わせ
  ストレッチ 背中合せ_立位両肩St _四つ這い両大腿St 
  向い合せ_両手つなぎ_立ち上がり
  背中合せ_立ち上がり

  
2−2.親子で力合わせ
  親の木あそび_コアラ_一周
  リフト ジャンプ_高く 
 
3−1.親子で競争
  足ジャンケン、全身ジャンケン
  ステップ、ツイスト、欽ちゃん走り
  立ち上がり競争
 
3−2.リズム
  命令(合図)に正しく従う_全身でグー、チョキ、パー
  音と身体のコーディネーション 
  目と身体のコーディネーション
 
3−3.親子で競争
  鬼ごっこ 子供が鬼の時、四つん這いで逃げる親のお尻をタッチ
       親が鬼の時、立って子供のお尻をタッチ

4.親子で遊ぶ
  めまい_後ろ周り、またくぐり、ぐるぐる回ってハイタッチ
  ボールで遊ぶ_
 
5.親子で競う
  バランス 片足立ち_3種
| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもの運動遊びの指導体験2 小学校PTA「親子運動教室」
2010年9月、高崎市内の某小学校より依頼を受け、
2年生のPTA行事「親子運動教室」の講師を務めました。

以下に参加者に配った資料を転載します。


          親子運動教室 資料       2010.9.30(木)
 
                    治療室◯◯◯◯◯◯◯◯
 
                   佐藤暢彦
 
遊び:楽しいもの・面白いもの 人は遊びたい気持ちを生まれ持っている
 
 ホイジンガ(1872〜1945、オランダの歴史学者)  
  人類を『ホモ・ルーデンス』(遊ぶヒト)と呼ぶ。
  (ホモ・サピエンス=知恵のあるヒト)

 
 カイヨワ(1913〜1978、フランスの社会学者・哲学者)
  遊びの分類:競争、偶然、模倣、めまい
 
 スポーツとは:
  deportale(ラテン語=別の場所に運び去る)、desport(気晴らしをする)が語源
  元々日常生活から離れて気晴らしをする(遊ぶ)という意味
  スポーツ用語には、play(遊ぶ)、game(遊戯)という言葉が使われている
  
遊び(運動・スポーツ)の価値
 遊びとして楽しみながら五感を働かせ、体を動かす体験を通じて、身体諸器
 官の発育発達、体力向上、社会的行動などが得られる
 (身体諸器官には脳が含まれる。遊びは脳の発達に不可欠。)
  
運動でどんな能力がつくの?  狙うならこんな観点で
 コーディネーション能力=神経系(脳)の発達
  リズム能力
  バランス能力
  体全体をスムーズに動かす能力
  反応能力
  動きを素早く切り替える能力(変換能力)
  動いているものに対応する能力(定位能力)
  道具を上手に操作する能力(識別能力)
 
親子で遊ぶ(運動する)意義 
 小2=まだ、心身が完成していない時期。脳と体の発育・発達を中心に取り組む
    時期。

 親=既に体力低下が始まり、放っておけばさらに体力が低下する時期。
 どちらも運動が必要な時期、一緒に遊ぶことがやる気を強める。

 
| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもの運動遊びの指導体験1 某ミニバスチームの場合(続き)

以下は、子どもたちへの実技の講習内容です。
具体的な内容は、実は今は覚えていません。

コディネーション能力についての説明を参照したサイト coordinationtraining.comは
現在は無いようですが、coordinationtraining.comを運営していた東根明人氏による著書が
多数有り、参考になります。
この講習では、コーディネーション能力を高める運動は、
⑵様々なトレーニング だけでなく
⑴ウォーミングアップなどにも取り入れています。


    ◯◯ミニバス講習会/実技資料
        2005.4.Jun Saturday    於伊勢崎市立◯◯◯◯小学校体育館
 
⑴ウォーミングアップ
  チームのウォーミングアップを見学後、足りない要素を付け足しながら紹介
 ①低強度の単純反復運動
   歩く、走る、特殊なステップ
 ②中〜高強度の単純反復運動
   まね動き、その場ステップ、連続ジャンプ
 ③ストレチング/立位全身、肩、下半身
 
⑵様々なトレーニング (コーディネーション能力、柔軟性)
 ④鬼ごっこ
  鬼ごっこ⒝
 ⑤ストレッチング/座位下半身、臥位
 ⑥体位変換/手を床に着いて歩く 等
 ⑦壁を使って/倒立、壁走り、壁ターン
 
⑶怪我をしにくい体を作る
 ⑧筋力をつける 腹筋、大腿の伸展力、お尻の横
 ⑨二人組遊び
   器械体操/柔軟体操
 
⑷クーリングダウン
  いろいろな歩行/ステップ、ストレッチング

 コーディネーション(能力)
  状況を目や耳など五感で察知し、それを頭で判断し、具体的に筋肉を動かすとい
 った一連の過程をスムースに行う能力(coordinationtraining.comより)
❶定位能力     例)鬼ごっこ
❷変換能力     例)鬼ごっこ
❸リズム能力    例)ドリブル
❹反応能力     例)命令ゲーム
❺バランス能力   例)けんけん相撲
❻連結能力     例)ジャンプ&キャッチ ジャンプ&ピボットターン
❼鑑別能力 (ハンド・アイコーディネーション、ボール感覚)
| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもの運動遊びの指導体験1 某ミニバスチームの場合
10年前(2005年)の6月、伊勢崎市内の某ミニバスケットボールチームから依頼を受け、
子ども達向け+父母コーチ向けの2本立ての講習を行ないました。

当時の講習会の内容を以下に転載します。
「4.スポーツにともなう怪我/処置」以下は父母向けに講習した内容です。


  小学生のコンディショニング   ◯◯ミニバス講習会
   2005.4.Jun Saturday    於伊勢崎市立◯◯◯◯小学校体育館 

1.
ウォーミングアップ
 ⑴今大切なだけでなく将来もっと必要になるから、今習慣付けしてあげる
 ⑵目的
  ①筋温≒体温を上げる
  ②軽い運動をする=全身の血液循環を増す
  ③神経(脳〜運動神経)と筋肉の間の交通を良くする
  ④筋肉/関節を柔らかくする
  ①〜④により、⒜運動をしやすくなる ⒝怪我をしにくくなる
 ⑶原則
  ① ゆっくりした動きから、だんだん素早い動きへ
  ② 軽い全身運動から、だんだん強い筋運動を加える
  ③ 単純な動きから、だんだん複雑な動きを加える
  ④ 最後にはバスケットボールの動きにつながる動きを入れる
 
2.小学生に適したトレーニング
 ⑴身体発育段階からみたトレーニングの目的
   神経系の発達が著しい  ⇔  筋力/パワーや持久力は後の年代で
   うまさ 反応スピード  ⇔  骨が成長途中
 
 ⑵トレーニングの指針
  ① バスケットボールだけでなく、多様な運動経験をさせる
  ② 休息を多く取り入れ、個別のメニューの時間は短く(5〜10分)
  ③ とにかくやらせてみる。やったらほめる! のちにアドバイス。
  ④ 身体操作の巧みさ、物の操作の巧みさ、五感のはたらきを高めること(※注)、
   からだ(筋肉)の柔軟性を高めることを意識してメニューを組む

 
3.運動中の安全
 ⑴運動場の環境: 床、壁、道具類、人(他のグループ等)
 ⑵子供の身支度: 靴の履き方、服装、アクセサリー等
 ⑶気候:特に暑さ対策(給水タイム、クーラーボックス、応急処置)
 ⑷怪我が発生したら:CPR、止血、RICE処置、救急マニュアル
 以上は大人の責務
 
4.スポーツにともなう怪我/処置
 ⑴スポーツ外傷:大きな1回の力で引き起こされる怪我
    捻挫(靭帯損傷)、打撲、突き指、肉離れ、など
  応急処置:RICE  冷やして圧迫固定して、心臓より高く上げ、安静にする
    RICE:R=REST(安静) ICING(アイシング/冷却)
     C=CONPRESSION(圧迫) ELEVATION(挙上)
  リハビリ:始めの2〜3日はRICE、
        日常生活が痛みなく送れるようになったら、軽い運動から始める
      やって痛くなく、直後も痛くなく、夜痛くなく、翌朝痛くなければ、       
       その運動はやってよい。
 ⑵スポーツ障害:何千回、何万回のくり返しによる疲労から起こる怪我
         (オーバーユース)
   ウォーミングアップを充分にやる。無理しない。運動後はアイシング。
   悪化するようだったら、しばらく(1〜3週間)休む。
   日常生活でも痛む場合は、スポーツ外傷の処置と同じように考える。リハビリ
 ⑶成長期に特有な怪我  骨端線=柔らかい → 炎症、変形、骨折起きやすい
    骨の成長が続いている時期は、筋トレやジャンプをやらせ過ぎない
 
5.スポーツにともなう怪我/予防
 ⑴ウォーミングアップ、クーリングダウンをしっかりと行なう。
 ⑵疲れているとき、体調が悪いとき、無理をしない。ふざけてやらない。
 ⑶筋肉や関節を柔らかく保つ/柔らかさを向上させる
 ⑷正しい動き方を身につける。筋力をつける(徐々にしか向上しない)。
 ⑸一度大きな怪我をした後は → 筋力トレーニング、テーピング、ブレース着用
 
6.クーリングダウン(ウォーミングダウン)  心とからだをゆっくりと鎮める
   持続的軽運動、ストレッチングや柔軟体操、リラクセーション
 
| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもの運動遊びを指導します
ここ10年以上、多くの子どもたちの体の発達が、危機に瀕していると感じています。
運動嫌いの子が多い、あるいは子どもが外で遊ばなくなったという話だけではありません。
サッカーや野球などのスポーツ少年団やクラブチームで
現にスポーツをしている子どもたちについてもおかしいと感じています。
走る・ジャンプするなどの基本的な動きでさえ、ぎこちない子が多い。
毎日ボールを扱っているのに、そのボールの動きの予測が下手だ。
体の操作がうまくない。
もちろん、姿勢が悪い。

スポーツは、身体諸機能の発達や運動能力の開発に役立ちます。
でも、子どもの発達にとって万能なスポーツ競技などありません
スポーツ技術を習得させる前提には、
スポーツ技術以外の様々な体の動かし方・使い方の経験の積み重ねがあるべきです。
スポーツの技術を真に伸ばして行きたいのなら、
スポーツ以外の運動遊びの経験を出来るだけ多く積みあげておく必要があります。
いや、スポーツ技術の習得や上達に限らず、
長い人生に渡って人が生活して行く上で必要な体力をつけたり、
適切な姿勢をとり適切に体を操作する能力を身につけたり、
身体諸器官(そこには”脳”も含まれます!)を申し分無く発達させたりするために、
子どものうちに沢山の運動遊び(全身を使って動きのある遊び)をすることが重要
だと思います。

子どもたちが自発的に体全体をフルに動かして、
しかもそれをやり続けたいと思うには、
楽しさが必要です。
運動するという意識よりも、遊んでいるという実感が大切です。
そうした考え方に立って、これまで数多くはないけど
小学校やスポーツ少年団などで”運動遊び”を指導してきました。
これからは、そうした子どもたち相手の指導を、
そして子どもを指導したり遊ばせたりするオトナを指導する機会を多くして行こうと考えています。
幸い、高崎に本社を持つ楽歩堂靴店の渋谷社長の賛同をもらい、
高崎、前橋、伊勢崎の楽歩堂靴店さんのスタジオ等をお借りして、
そうした講習・教室を開いて行く予定です。
| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
遊びの大切さ 外反(扁平)足の男の子
 うちの最も年少のクライアントは小1のY.Kちゃんです。

Y.Kちゃんのおばあさんが、
整形外科で『外反足首病』と言われ、              ※1
どんな運動をさせたら良いのかと
相談してきた事がきっかけでした。

『外反足首病』と言う語は聞いた事がなかったのですが、
子供に多い外反(扁平)足のことだろうと考えました。
おばあさんは、Y.Kちゃんが「運動が苦手」で
「運動嫌い」なのでどうしたら良いのかともおっしゃっていました。

私は、まだ小さい子供の場合、
足の筋肉等が発達して外反(扁平)が軽減する可能性があるので、
適切な運動を行なわせることがまず大切で、
そんなに心配する事はないだろうと伝えました。
また、子供というのはリハビリや運動処方で
大人にやらせる様な"◯◯の為の運動”といった型にはまった運動は
やらせることは無理である、
本来子供は楽しい遊びであれば身体を使った運動も大好きになることを
お伝えしました。
つまり、こちら(大人側)は足の筋や関節の発達を促す様な内容を
"楽しい”遊びとして子供に与えれば、
外反(扁平)足を矯正する様な運動を
Y.Kちゃんにもさせる事が出来るであろうと言う見通しを話しました。

そして、結局そのような運動を考え与える役割を
私が引き受ける事になりました。


私が与えている運動の内容は、
体幹部の発達を促す運動、
股関節の運動、
足部の運動、
それらが統合された運動で構成されています。

例えば、マット上で転がったり、
バランスボールなどで遊んだり、
はいはいしたり、
膝の上に直立して歩いたり、
踵を挙げてつま先立ちで歩いたり、
片脚立ちでバランスをとったり、
ケンケンや両足とびをしたり、
そんなことです。

今年最初の回では、
ボール(ソフトギムニク)を投げ落として空中で蹴る遊びをしたところ、
タイミングを合わせられず足の甲で蹴れなかったので、
こちらの投げたボールを両手でキャッチしてから
両手で投げ返す遊びをしてもらいました。            ※2
Y.Kちゃんがボールを両手で投げ返す時、
膝が伸び切ったままで上手く投げられなかったので、
膝の屈伸を使って投げることを教えたら、
10球程でも見違えて上手になりました。
(この技術が一度で定着するとは限りませんが。)

そんな程度の運動内容だったりします。
それでも、Y.Kちゃんが楽しみながら変わってくれる事に
大きな意義があると思っています。
このエピソードでわかるように、
Y.Kちゃんはとても運動経験が少なかったのです。
だから運動技能が拙いのです。
そして運動する意欲が育ちにくかったのです。
私はそこを変える事が、
外反(扁平)足にのみ着目して運動処方するよりも
とても大事な事だと思っています。

週1回ずつやり3ヶ月目に入りましたが、
スイミングでバタ足が上達したり、
走ることや運動全体に自信が出てきて、
前よりも身体を動かすようになったそうです。
肝心な外反(扁平)足は、
もちろんそんな短期間で大きな変化はありませんし、
効果を急いで求める必要もありません。
うちに通う日以外でも、
おばあちゃんと一緒に"遊んでいる”ということに
価値があると思っています。


Y.Kちゃんは、私がテーピングした最年少者でもあります。
運動前に足にテーピングをして、
運動中過度に外反しないように制限しています。
小さい子供なのですぐに「テープを貼ったところが痛い」と言いますから、
痛く無いように確認しながら出来るだけ軽く弱く、
それでいて効果があるようにテーピングします。
一度でOKが出る事はなく、
いつも2〜3度やり直ししないとテーピングが完成しません。

まだ、ジャンプなどの足に強い力がかかる運動は、
時々痛そうにする事があるので、
しばらくはテーピングの補助はかかせません。



※1 外反足首病

やはり、正式にはこんな病名はありません。
最初にかかった整形外科の先生の造語?かと思われます。
1月最初の運動の時、違う整形外科で指摘されたそうです。
外反足や外反扁平足と呼ぶ事が一般的だと思います。


※2 足の甲で蹴れなかったので〜してもらいました。

ボールの空中で動き(軌道)に慣れてもらう意図もある。
足の甲で蹴るのは、片足での支持力アップや、
ボールを蹴る時の足の甲の感覚を覚えてもらいたかったから。
| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子供の運動は多様性と楽しさが大切
JUGEMテーマ:少年サッカー ちょっと古い話ですが、群馬テレビで放送した
全日本少年サッカー大会の群馬県予選会の決勝戦を
録画して観戦しました。

ちょっと嫌だったのは、
片方のチームに2人くらい変な走り方をする子がいたこと。
膝が上がらず、脚を引きずるような走り方で、
当然あまり速くありません。(はっきり言って遅い。)
フリーのボールを追いかけて競る時は、
そんなフォームで無理矢理でもスピードを上げようと頑張るから、
余計に腰などに無理な負荷がかかるようで心配です。

始めは怪我でもしているのかと思いましたが、
2人も同じような子がいて
それぞれ好守の中心選手らしく、
確か二人ともフル出場しているので、
怪我ではなくそういう走り方なのでしょう。
このチームは足元の技術が高く、
結局優勝したのですが、
サッカーの個人技を伸ばすのは良いのですが、
基本的な運動技術である走技術を観ていないのかと疑問に思いました。
小学生のうちにあんな走り方で固まってしまったら、
近い将来サッカーにも大きく影響するはずです。
腰にも負担がかかります。

また、もう片方のチームは、
ディフェンスの時に相手の身体に手を回し、
シャツを掴んでばかりいました。
子供のうちから、こんな小手先のことを教えていたら、
多くのスポーツに共通する身体感覚や身体操作のスキルを
身に付けられないのではないかと思います。
(掴むことを教えると、手にばかり神経が集中してしまう。)

大人(コーチ)は、子供のうちは、サッカー技術だけでなく、
様々な運動技術や体力要素を伸ばせるように、
子供達全員に目を配り、
多彩な運動メニューを組み、
全面的な発育を促せるように配慮して
子供達を一人一人導くことを至上命題としてもらいたい。



ある高崎市内の小学校の先生から、
2年生の親子対象に『親子運動教室(仮題)』の講師を依頼されました。
小2の体力はどのくらいか、
それ以上に親の体力はどのくらいなのか、
またお父さんだけなのか、お母さんだけなのか、混合なのか、
そんなことを考えながら、
多彩で楽しい運動を提案してみたいと思っています。
依頼した先生は、前任校で
私がPTA(1年生のお母さん方)対象のストレッチング教室や
サッカー部または女子卓球部に行ったストレッチング教室を知っていて、
ストレッチング中心にと考えていたようですが、
本格的なストレッチングは小2には難しく、
柔軟性を高める運動も念頭に置いて考えていきたいと思っています。

アゴン競争)、アレア偶然)、
ミミクリー模倣)、イリングスめまい
を取り入れたいと思います。
また、コーディネーショントレーニングの考え方も取り入れて
面白い内容になるように工夫したいと思っています。
予定されている9月までに
いろいろと考える楽しみができました。

| フィジカル系職人 | 子どもの運動遊び指導 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ